So-net無料ブログ作成

アニメ五毒拳 [アニメーション]

 Batman: The Brave and The Boldのエピソード#111"Return of the Fearsome Fangs!"は、話がモロ五毒拳だったので笑いました。

 『五毒拳』はショウブラザーズのカンフー映画です。DVDも出てるけど日本の発売元キングが再販しないので、クソみたいにたけぇ!レンタルで観ましょう。 英題はFive Deadly Venom。劇中でもこの言葉が出てくるので確信犯ですな。

 フィアサムトリオ(狐・コンドル・鮫の面をつけたギャング)とブロンズタイガー(カンフー・コミック『リチャード・ドラゴン』に出てきたカンフーマスター)、そしてバットマンは実は中国奥地の切り立った断崖の頂上にある道場(『バレットモンク』や『DOA』のイメージ)の兄弟弟子。それぞれ狐・コンドル・鮫・虎・蝙蝠の形意拳を修行した間柄。

  あるときフィアサムトリオは年老いた師匠の守る秘伝のトーテムを師匠を毒殺し奪う。それを師匠の断末魔のテレパシーで知ったバットマンは、兄弟子ブロンズタイガーを尋ね、道場へと向かう。
 そこには兄弟子フィアサムトリオが。弟弟子二人は、コンドルと鮫を倒すも、狐の部下の前に膝を折る。トーテムを手にする狐。秘伝のトーテムには、人間をミュータント化させる力があった。それぞれの面の動物に変異した兄弟子の強靱な力の前に、弟弟子はなすすべもなく立ちすくむ。

 しかしそこはバットマンとブロンズタイガー、悪をそのままにはしておかない。香港へと3人を追う。

 トーテムの力で、香港を恐怖のどん底に陥れるフィアサムトリオの前に、再び立ちはだかる
バットマンとブロンズタイガーだが、その強大な力の前に、ブロンズタイガーは降伏と服従を申し入れる。

 しかしそれは師匠の教えのひとつ、「奸計」であった。

 一瞬の隙にトーテムを奪ったブロンズタイガーは、バットマンと共に獣人化。兄弟子を打ち負かし、香港の平和は守られたのであった。

という。
---
 アバンタイトルのゲストキャラクターは、映画化も決まったというジョナ・ヘックスと、JLAの宿敵ロイヤルフラッシュギャング(の西部版)。
 そしてゲストヴィランはトップさんでした。ホィールウィンドじゃないから。

次回は前後編でDCのマルチバース噺ですよ!アース3出るよ!オウルマン出るよ!
五毒拳 [DVD]

五毒拳 [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。