So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月27日| 2017年08月13日 |- ブログトップ

じゃああれとあれはどうなの?つながるの?持永門下のなぞ [アニメーション]

 フィルムセンターでやってる展示会「人形アニメーション作家 持永只仁」の内のイベント、「中国のアニメーションと持永只仁」トークショーに行ってきました。
 北京電影学院在籍中の持永に師事された現北京電影学院動画学院院長である李剣平氏をお招きし(副院長の孫立軍氏も予定に挙がっていたが所用で来られなくなったとのこと)中国での持永についてお聞きするというもので、聞き手は李氏と懇意で造形大の小出正志さんと和田サン。

トークショー自体は大変面白かったのだけど、李さんが伝えたかったのが主に「持永さんの生徒のわしら」で、僕らの知りたかった事は、「中国での持永さん」という違いや、通訳を介してのコミュニケーションと李さんがバッチリパワーポイントで下準備してきたと言う事もあって、多少のモヤモヤも残りました。

 で、李さんのプレゼンテーションした持永門下生の中にひとり日本で活躍されている人がいるんですよ。現(株)サクセス取締役の劉向東さんです。(サクセス会社概要
 劉向東さんがどういう経緯で日本のゲーム業界に入ったのかは調べていないのでわかりませんが、
ホームデータの格闘人形ゲーム「霊界導士」にかかわってないかなぁ。1988年だと微妙か?


なお、「霊界導士」がクソゲーなのはスタッフのやる気がなかったからという証言がありますね。
http://wardona.blog24.fc2.com/blog-entry-68.html

余談ですが、会場にはアニメーションのレジェンドが山ほど居ました。初めてお見かけする方も何人か。マガリさんとか、高畑さんとか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
2017年07月27日| 2017年08月13日 |- ブログトップ