So-net無料ブログ作成
検索選択

映画秘宝ベスト&トホホ [映画]

本日発売ですな。

映画秘宝 2017年 03 月号 [雑誌]

映画秘宝 2017年 03 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/01/21
  • メディア: 雑誌





ドラマ・オブ・ザ・イヤー2016という企画に参加してます。見きれ程度にのっているでしょう。

ベスト&トホホは新作を観ない人間なので、依頼もないです。されても困るというか。

去年観て良かった&ひとことある作品を以下に:

「劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス」
わっムーミンコミックだ!

「コードネーム:プリンス」
プリンス・マルコの映画と思ったら違った。

「水尻自子作品集:水尻自子ズ」
アナルとスカトロジーの行き着く先はパンクな女子アニメーション。良かった。

「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」

「トゥモローランド」
トゥモローランドにディストピアを重ねた時点で俺的にはNGです。

「千年女優」
老女優の独白にインタビュアーの主観がまざる部分がヘタクソで、(もっと傍観者のカメラマンに突っ込ませるべきで、あいつが何の理由もなく女優の世界に存在するのもおかしい)ヘタクソのままつっぱしってしまうので感想は「ヘタクソ」でした。故人に鞭打つようだがダメな物はダメ。

「ネイバーズ」(2014)
DQNの泥仕合。

「LEGO[レジスタードトレードマーク]スーパー・ヒーローズ: ジャスティス・リーグ<地球を救え!>」
JLA(スーパーフレンズ)対ブレイアニック。JLAロボ最高だよ。

「エージェント・ウルトラ」
最終的に割とベタなストーリーだなとは思ったけど、ドライブ感あって楽しめた。

「ミッキーマウス!」
ミッキーマウス短篇って基本ギャグがクソつまらないんですが、この新作シリーズはとても良いです。HULUで観ましょう。

「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」
DICのアニメシリーズを愛していた全米と全中国の俺が泣いた。
前作よりよぼよぼしてかわいくなったスプリンター先生よ。

「マン・オブ・スティール」
ひでぇ。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション」
基本DCの映画は詰め込みすぎでこなれてないがこれも同じ。
「マン・オブ・スティール」がひどかったので劇場版は未だに観てないが、諍いの理由が「マン・オブ・スティール」(での事件)がひどかったからというのは納得だが、みていてひどいところが多かったよ。

「スーサイド・スクワッド」
雑なプロットでキャラを使い捨てにすんな、と。
やっぱりバットマンとジョーカー邪魔だったね。

「宇宙怪獣ガメラ」
特撮秘宝Vol.5で東通ECGシステムの特集があったけど、ECGシステムの使い方としてはキリの方(「スターどっきりマル秘報告」クラスの宇宙とか)でしたね。

「Looney Tunes Rabbits Run」
ルーニー・テューンズ・ショーのOVAにしてローラ・バニー(人格破綻女子)主演のドタバタスパイコメディ。
これはあれだよ。ドリス・ディのロマンチックコメディの世界だよ。つまりフランク・タシュリン監督(ルーニー・テューンズの監督でもあった)コメディのオマージュだと思うのだがどうだろう。日本じゃ出てないしだれもみてないだろうけどな。

「アイ・ラブ・スヌーピー」
旧作に対するリスペクトがすごく、好ましい。

「キングコング対ゴジラ」(2K)
とてもよい。

「スカイヤーズ5」
ゆるいスパイモノとしてみていて楽しかった。
紅一点のS3号よりもハゲで和久井声のポルカの方が愛嬌があるのがどうかと思う。S3号は7変化とかやらせるべき。
ポルカとサムソンがクラシックカーに乗っているのが川﨑のぼる(貧乏)テイストでとてもよいが、今の子には通じないんだろうなぁ。

「パディントン」
パディントンもいいが、汚れ役のニコールがいい。無表情のコメディ演技が最高やよ。

「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」

「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」
ショッカーロボが東映らしい感じでとても良い。あとは関智一と侑斗。

「ルーシー」
なんじゃこりゃ。

「マクロスΔ」
なんじゃこりゃ。

「サンダーバード Are Go!」
シーズン継続希望。

「バッグス! Wabbit!」
ショーが完全なシットコムだったのに較べ、キャラは変わったがナンセンスなコメディ短篇に戻ったことは喜ばしい。円盤買いたい。

「LEGO[レジスタードトレードマーク]スーパー・ヒーローズ:ジャスティス・リーグ<ゴッサム大脱出>」
休暇をとったバットマンの替わりにゴッサムの平和を任されたスーパーマン。でもメトロポリスと勝手が違って混乱する。
一方、師匠(新キャラ)に会いに行ったバットマン社中(+ナイトウィング、バットガール)を待ち受けていたのはデスストロークとベーンに率いられた地底軍団だった。ダミアン初登場。

「アニー2」
TVM。ミュージカルではなくアメコミ映画比率高い。

「トムとジェリー オズの魔法使い」
トムとジェリーとオズが水と油であまりよろしくない。狂言廻しのニブレスのマンチキンがめだつばかり。

「劇場版仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」
パーケン氏の遺作。(死んでない
下手な時間モノ。

「仮面ライダーゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス」
鶴太郎と竹中のあの世コント。

「仮面ライダー1号」
たき火の熱で甦る本郷。

「リック&モーティ」
アダルトスイムはもうちょっと日本に入ってきてもいいと思うんだけどパロディとか多いからなあ。
シーズン2のパワーアップには感心した。

「Jonny Quest: The Complete Eighties Adventures(The New Adventures of Jonny Quest)」
80年代のアニメはGIジョーとその類似かそれ以外に分けられるが、TV冒険アニメの元祖とも言えるJQもご多分に漏れずGIジョーぽくなり復活。シーズン1至上主義だな僕だが、これはこれでという気にさせてくれますね。
シーズン半ばにはパワー&壁キャラの石像人間も仲間に加わり、チームの補強もばっちり。

ま、こんなとこです。依頼が来ないのも納得だよ。他にも観てるけど。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0